夜勤専従のバイトって単発でもできるの?

看護師は日勤と夜勤の業務をこなさなければなりませんが、なかなか両方というのが大変な場合もあります。

 

また常勤での交代夜勤ではお給料の面でも夜勤手当として数千円ほどしか支給されません。
体力的にも金額的にも厳しい働き方となるのです。

 

 

ですが日勤だけという場合の病院の場合は夜勤がないので夜勤手当も出ません。
だったら掛け持ちで夜勤ができる状況であればバイトでも入りたいと思うでしょう。
でもいつでも入れるわけではないので、出来れば単発で…という方が多いのではないでしょうか。
ただ夜勤で単発というのは状況的に無理では?と考えますよね。

 

看護師というのは申し送りという情報共有で成り立っていますし、
日々の病院や患者さんの様子も毎日ではなくてもそこに勤務しているから分かるものでもあります。
だから無理ではないか…と思うのですが夜勤の看護師も不足しているため今では単発の募集も数多くあるのです。
単発という条件になるとあまり求人もないのではと思われますが、
人手不足などもあるため意外と多くの募集があります。
夜勤専従だと特に単発が難しいイメージもありますが、

 

そういった難しさにも対応した働き方ができるように環境も整っているのではないでしょうか。
それによって単発も徐々に増えて、今では多くの現場で夜勤専従の単の単発を募集しているのです。
臨機応変さはどこでも求められますし、夜勤の場合の対応というのも必要となるでしょう。
ですがだからといて常勤の方と同じような働き方を求められているわけではないので、基本の夜勤の対応をすれば大丈夫です。
また単発の場合、月に1回などでも良いところもあるのでいろいろな求人を探して自分の都合に合わせて働きましょう。